さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2005年03月11日

春の息吹をいきいきと生ける

sakura.gif

東海桜、黄スカシユリ、レモンリーフ

桜はどんどん咲いては散っていく花です。そこで蕾の多い枝を手前に持ってきて、あとから寂しくないように。でも、そうしちゃうと「今」が寂しいので、手前に咲き誇っている枝を足しました。

ユリはまだ咲いていないんですが、桜が満開になる頃には元気良く咲いてくれるはずです。

レモンの形をした大きなレモンリーフは手前に入れて強く目立たさせいますが、後ろにこっそり足して奥行きを。後ろにいれる時に葉っぱの面を全部こちらに向けると「壁」ができてしまうので、そういう時には葉っぱをたてるように入れます。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(春/ピンク)の記事画像
昇級試験課題2
生け花の昇級試験課題1
2種生け
高さと広さ
軽めに生ける
前に突き出す形
同じカテゴリー(春/ピンク)の記事
 昇級試験課題2 (2009-04-18 16:00)
 生け花の昇級試験課題1 (2009-04-18 15:00)
 2種生け (2007-06-18 17:00)
 高さと広さ (2007-06-09 17:00)
 軽めに生ける (2007-04-25 18:00)
 前に突き出す形 (2007-04-05 19:00)

この記事へのコメント
暖かな色合いで、穏やかな春の日差しを感じさせてくれますねvv
桜の伸びやかな枝に、レモンリーフの面が効いてますね(^^)
レモンリーフ、ドライでも良く使うんですよ〜。
乾くと、緑が淡くなって、また違った表情を見せてくれます。
Posted by こた at 2005年03月13日 20:47
いつもながら Yahさんのお師匠様のセンスの良さには感嘆してしまいます。
Posted by arisan at 2005年03月16日 16:50
>こたさん
春ですよー。
このレモンリーフ、ちょっと手こずりました。
ドライでも使えるんですね。知らなかった。乾かしてドライ好きの人に差し上げましょう。

>arisanさん
この師匠にはできるだけ長生きしてもらいたいと思っています。
Posted by Yah@修行中 at 2005年03月19日 10:31
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
春の息吹をいきいきと生ける
    コメント(3)