さぽろぐ

  文化・芸能・学術  |  札幌市北区

新規登録ログインヘルプ


2004年12月12日

枝を見極める

yuri.gif

石化エニシダ、ユリ、ドラセナ(シャンデリアーナ)

石化エニシダもわりと好きな花材です。
ぼうぼうと生えているので、一本いっぽん枝をさばいて、細いラインを美しく出します。

今日はちょっと失敗しています。

いつもなら細い枝がホウキのようにボサボサしているので、途中できって、カットされた線の面白さを出したりするんですが、今回は枝の数が少なく、いいラインを描いているにも関わらず、中途で切ってしまいました。

「おしーわねー」と師匠に指摘された。自分でも「あー、やっちゃったぜ」と思いましたが。

最初に枝をクルクル回して、どの部分からみたら一番美しいか、カットした方がいいのか、良くないのかを決めるんですが、その見極めが甘かった。

ドラセナは葉が大きいので、後ろに生け、エニシダの細い線からすかし見ることで立体感を出しています。

あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(冬/緑)の記事
 淡くまとめる (2005-12-08 10:46)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
枝を見極める
    コメント(0)